頭が禿げてくる原因として、

まず一番の原因は、男性ホルモンでもある「ジヒドロテストステロン」が原因です。

 

男性ホルモン全てが悪いのではなく、

このジヒドロテストステロンという男性ホルモンがAGA(男性型脱毛症)の原因になるのです。

 

最初は、テストステロンという男性ホルモンなのですが、

「5αリダクターゼ」が、このテストステロンを、ジヒドロテストステロンへと変えてしまうのです。

 

そして、このジヒドロテストステロンに変化した男性ホルモンは、

毛母細胞へ脱毛させる指令をだしてしまうのです。

 

そうすると、栄養素も送り届けられなくなっていき、

毛が成長する前に抜け落ちてしまうようになります。

 

その対策として、

このジヒドロテストステロンへと変換させる5αリダクターゼの作用を抑制する必要があります。

 

そこで、AGA治療薬を使用します。

薬の種類はたくさんありますが、

有名なものでは、主成分が「フィナステリド」という成分のものです。

このフィナステリドが、

ジヒドロテストステロンに変化させるのを妨害することで、

発毛の手助けをします。

 

そのほかにも、やはり、男性ホルモン自体の分泌量を増やさない生活習慣が必要になるでしょう。

ストレスが溜まっていたり、

そして、油っこい食べ物や、動物性の食べ物をたくさん摂取しているなど。

 

これらは、男性ホルモンを増やす原因にもなるので、気をつけた方が良いでしょう。

 

頭皮ケアも大事ですが、まず、体の内部から解決していかないといけないと思いますね。