よく薄毛になる理由として言われているのが、ストレスがあります。

 

どうして、ストレスを受けると、薄毛になりやすいのでしょうか。

それはつまり、ストレスを感じやすい人ほど、ハゲが多いということでしょうか。

そもそもの原因を見ていきたいと思います。

 

ストレスを受けると身体に起こること

あなたは日々ストレスを受けていると感じることがあると思います。

通勤列車、気が合わない人との交流、騒音など、

ストレスを感じることを上げればきりがないでしょう。

 

では、ストレスを受けると身体にどのようなことが起きるでしょうか?

 

・末梢神経に影響を及ぼす

あなたの体を中心に神経をつかさどる1本の線があります。

その抹消神経が、ストレスを感じることにより、機能が一時的に衰えてしまいます。

そうすると、血行不良になったり、体調不良になったりすることもあるでしょう。

 

薄毛の主な原因となる血流の流れが悪くなってしまうと、

頭皮に十分な栄養が回らなくなっていきます。

それが結果として薄毛の原因となってしまうわけです。

 

1回のストレスで髪が一気に抜け落ちるということはありませんが、

これが毎日毎日ストレスを受け続けてしまうと、

体調がどんどんと崩れていき、髪も抜け落ちてきてしまうわけなんです。

 

いかがでしたでしょうか?

最近抜け毛が気になるという方は一度自分のストレス状態をチェックしてみた方がいいかもしれません。

自分はあまりストレスを感じない方だからという人に限って、

よくイライラしていたり、人の言動に対して神経質になっているものです。