Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエット

自分でダイエットをする時に気をつけなくてはいけないこと

投稿日:2018年9月12日 更新日:

ダイエットに関しては多くの人が食事を減らす、あるいは食事を摂らないなどの食事制限で行うものです。

 

もちろん人によってはそれだけで事足りる状態であり、中には1か月程度で10㎏などかなり痩せる人もいます。

 

しかし、食事制限は人によっては体調を崩したり、あるいは効果を発揮しなかったりするなど誰にとっても効果のあるものではありません。

 

なので、ダイエットをする際には食事制限だけでなく自分に適したダイエット方法を探して行うことがお勧めです。

 

また、1つのダイエット方法を試してみて成功しない場合には、複数のダイエット方法を併用していくことも検討すべきです。

 

食事制限によるダイエットに関しては、例えば糖質制限やカロリーを減らすもの、スムージーなどのダイエット食品を一食として置き換えるなどの方法があります。

 

しかし、その人の体質によっては効果を発揮したとしても体調を崩してしまって今度は食事を食べようと思っても食べられなくなったり、あるいは度を越した食事制限をして栄養失調や貧血など日常生活を送るには支障の出てしまう症状が出ることがあります。

 

なので食事制限によるダイエットをする前には自分の体質についてある程度把握したうえでいきなり食事を大量に減らしたり、あるいは断食をするのは避けて少しずつ量を減らすようにすべきです。

 

特に、低血糖症の人は栄養状態が悪くなったり血糖値の変動が激しいと突然頭痛やめまいを引き起こしたりするのですが、それが車や自転車の運転中、あるいは仕事中に起きてしまうと自分や人の命を脅かすことにもなりかねないのです。

 

食事制限をしただけで痩せないといって摂取量を減らしすぎないことを心がけるべきです。

 

また、人によってはどうしても食事制限だけでは痩せられないという人もいます。

 

その場合は食事制限をしつつも他のダイエット方法を併用すべきです。

 

特に運動に関しては内容によっては数日で数キロ痩せられることもあるため、食事制限と合わせることでより大きなダイエット効果をもたらすことが予想されます。

 

ただし、運動するときにも注意が必要であり、これまでほとんど運動をしていなかった人、あるいは体重が多すぎる人では運動する筋肉ができていなくて下半身を中心にけがをしてしまったり、あるいは心臓に負担がかかって具合が悪くなるなどの症状が現れることがあります。

 

ダイエットに適した運動はランニングや筋トレなどのハードなものが思いつきがちですが、体を動かせることができたら散歩でもヨガでも軽い体操でも構わないのです。

 

重要なのは自分にとって負担のかからないダイエット方法を取り、長期間続けることなのです。

 

おすすめのダイエットアイテム:まあるい旬生酵素ってなに?

-ダイエット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

意思が弱い人でもできるダイエットってある?

意思が弱いからこそ続けやすい方法を選ぶべきです。   意思が弱くて決めたことを続けられない! ダイエットをしたいんだけど続けることができない! ダイエットをしてみたものの意思が弱いからやめた …